なぜスマホを見ると寝れなくなるの?

query_builder 2021/01/04
ブログ
mobile-phone-before-bedtime

皆様こんばんは( ^)o(^ )

新宿区中心に活動していますパーソナルトレーナーの杉野です(^^♪

みなさん、

寝る前、電気を消してついつい観入って寝れなくなってしまう…

こんな経験みなさんもあるのではないですか?  

その原因でもあるブルーライトについて今回はお話しして行きたいと思います!


ブルーライトとは??

ブルーライトとはスマホやLED照明に含まれる青白い光のことをいいます。  

ブルーライトは目に見える光の中では光の波長が一番短く、エネルギー効率がいいと言われています。


ブルーライトが睡眠不足に影響する??

ブルーライトの影響が最も懸念されているのが、睡眠です。

これには、人体で合成されるホルモン「メラトニン」が関係しています。

メラトニンは、季節のリズムや概日リズム(サーカディアンリズム)の調節を担っています。

人体は目に入る光によって体内時計を管理しますが、光が多く入るとメラトニンの分泌が抑制され、夜になって光を感じなくなるとメラトニンが多く分泌されるのです。

メラトニンが多く分泌されることで出る生理現象が眠気です

しかし、ブルーライトを浴びると脳は昼間と勘違いしてメラトニンの分泌を抑制します。

寝付きが悪くなったり生活リズムが狂ったり、さらに自律神経などにも影響を与えてしまう可能性があるのです。



ブルーライトが肌の老化に関係ある??

ブルーライトは、「紫外線」に近い光の波長です。

日照りが強い日には紫外線対策、UVケアをする人も多いと思います

紫外線は、浸透率が高いことが特徴です。

室内にいても日に焼けるのは浸透率が高く窓を透過してきているためと言えます。

同じことが肌にも言え、紫外線は肌の奥まで届きやすいです。

紫外線に近いブルーライトは、紫外線と同じような影響を人体に与える可能性があると考えられています。

しわやしみ、色素沈着の原因につながるかもしれません。

一気に老け顔になるかもしれないと、不安を抱く人も多いです。


まとめ

まずは極力寝る前は目を休めること!  

単純ではありますが一番難しいことでもありますよね…

睡眠時間が短くなってしまうと、疲れが溜まり、痩せにくい身体になってしまいます。  

そして成長ホルモンの分泌が低下してしまい、脂肪燃焼能力も低下します。  

ダイエットの為にも健康的に過ごす為にも睡眠というのは必要不可欠になってきます。  

是非この機会に睡眠について考えてみてください!  

ここまで見ていただきありがとうございました

また次回もブログ記事でお会いしましょう(^_-)-☆


東京新宿周辺でパーソナルジムを探している方

是非僕と一緒にトレーニングしましょう(^_-)-☆

NEW

  • 中目黒パーソナルトレーニングジムTrust gym 痩せるまで付き合います

    query_builder 2021/05/16
  • 今月は入会金無料!プライベートジム Trust gym🍊

    query_builder 2021/05/15
  • 毎月のお悩みを解消!どうにかしたい、生理痛・PMS

    query_builder 2021/05/06
  • 有酸素運動だけするデメリット3つとは

    query_builder 2021/05/05
  • 有酸素運動をしているのに痩せない4つの原因とは

    query_builder 2021/05/03

CATEGORY

ARCHIVE