中目黒トレーナーが語るボディメイクを始める上で重要なこととは??

query_builder 2021/09/25
ブログ
B19040BD-0844-4340-9D86-9328731135D1_4_5005_c

みなさんこんばんは😊


東京中目黒パーソナルトレーニングジムを経営しています。

Trust gym 代表杉野です(^O^)/


本日は中目黒パーソナルトレーナーが語るボディメイクを始める上で重要なこととは??このテーマでお話ししていきます(^ー^)ノ


早速本題に入っていきましょう😉



ボディメイクに取り組むうえで重要なことは??

食事

ボディメイクによる効果を得るためには、トレーニング以外で、

日々の食事(栄養素)にも気を配る必要があります。

ボディメイクは単に体重を落とすのではなく、筋肉を鍛えて引き締まった美ボディを目指すことに重きを置いているからです。

つまり、毎日の食事を通して、筋肉ひいては身体を作る栄養素をしっかり摂取する必要があります。



必要な栄養素

筋肉をはじめとする身体のあらゆる部位を構成する栄養素のひとつに「タンパク質」があります。肉や魚、卵のほか、豆腐や納豆などの大豆製品、穀物類に含まれており、なかでも肉類と卵類、豆類は含有量が多いといわれています。


タンパク質は、

・筋肉を鍛えること以前に健康的な身体を作る

・維持するうえで欠かせない栄養素

なので、積極的に摂取することが大切です。



このほか「分岐鎖アミノ酸(BCAA)」も筋肉の構成に欠かせない栄養素です。

・筋肉が分解するのを阻止するだけでなく、

・筋肉の保持・増量にもよい影響をもたらします。


そのため積極的に摂取すれば、ボディメイクの効果を最大限に引き出すことができます。 また、分岐鎖アミノ酸は牛肉や鶏肉、まぐろの赤身、卵、牛乳などに多く含まれています。

どれも食事に取り入れやすい食材なので、積極的に摂取するようにしましょう。



③必要な量

タンパク質と分岐鎖アミノ酸は、それぞれで推奨摂取量が異なります。

タンパク質の1日の推奨摂取量は、

18歳〜69歳の男性で60g、同年代の女性で50gです。

たとえば、国産黄大豆(乾)の可食部100gにおけるタンパク質の含有量は33.8gとなっています。

そのため、仮に黄大豆(乾)だけでタンパク質を摂取しようとした場合、

男性であれば約180g、女性であれば約150gを食さなければならないです。


分岐鎖アミノ酸の1日の推奨摂取量は、

年齢・性別を問わず8g~16gです。


たとえば、まぐろの赤身(刺身約8切れ)の可食部100gあたりにおける分岐鎖アミノ酸の含有量は4.8gとなっています。

そのため、仮にまぐろの赤身だけで分岐鎖アミノ酸を補おうとした場合は、刺身を最低でも13切れ以上は食べる必要があるということになるのです。


もちろん、これらはあくまでも一例であり、実際はさまざまな食品を通して栄養素を摂取することになります。推奨摂取量をクリアするためには、日頃から一つひとつの食品に含まれる栄養素の量を確認し、調整しながら食事に取り入れることが大切です。



④食事を摂るタイミング

ボディメイクでは、筋トレをメインで行うことがほとんどです。筋トレは、空腹でも満腹でもない状態で行うのがよいといわれています。

その理由は、空腹状態だとエネルギー源として脂肪志望ではなく筋肉が分解されてしまうためです。

こうした点から、食事を摂るタイミングとしては「ボディメイク(筋トレ)を行う前」がベストといえます。

とはいえ、トレーニングを行う前に満腹状態にするのは望ましくありません。

食後は消化を促すために血液が胃腸に集中するためです。


筋トレも消化と同じく血液を必要とするので、満腹のままトレーニングを行うと胃腸への血液が不足して消化が滞り、結果的に腹痛や吐き気を引き起こす可能性があるのです。


そのため、食事を摂るといっても筋トレ前は軽食にすることが大切です。また、食後の筋トレは、食事を終えて30分〜1時間ほど経ったタイミングで始めるのが望ましいといえます。



いかがでしたでしょうか?? 本日は中目黒トレーナーが語るボディメイクに重要なこととは?についてお話ししていきました。


参考にしてみてください😀


営業時間:9:00〜22:00


東京都目黒区上目黒3ー1ー14 メイツ中目黒305号室


パーソナルトレーニングのご予約お待ちしております✨



公式LINE@654ciztmで検索🔍


Instagram⇨trainer_sugino